子供虫歯予防 歯磨き粉

ベーシックな歯みがきを行うことを怠らずにやってさえいれば…

口のなかの唾は、いかにも酸っぱそうなものや、おいしそうな料理を目の前にしただけで自然に分泌されますが、実は虫歯や歯茎の歯周病などを防御するのに有用なのがこの唾液なのです。

ベーシックな歯みがきを行うことを怠らずにやってさえいればこの3DSが効いてムシ歯の菌のほとんどいない状態が、大方、約4ヶ月〜半年安定するようです。

歯に付く歯垢というものについて、果たしてあなたはどのくらいご存知ですか?テレビやCMなどで頻繁に耳にするので、初耳の言葉、そんな事はまずないかと考えられます。

レーザーによる歯の施術は、ムシ歯菌をレーザー照射により消し去り、それ以外にも歯の表面の硬さを補強し、嫌な虫歯になりにくい歯にする事ができるようになります。

歯の表層にくっついた歯垢と歯石等を除去することを、一般的にクリーニングと言いますが、先述した歯垢や歯石等は、痛い虫歯の要因と認められています。


例えば差し歯が褪色してしまう原因に想定されることは、差し歯自体の色が色あせる、さし歯の周囲の歯が褪色してきたという2つの項目があると言われています。

恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については後進国といわれており、欧米人に比べたら、実は日本人の歯の寿命が短縮し続けています。最もそれは歯の病気の予防全般に取り組もうとする思想が異なるからだと考えられています。

本来の唾液の作用は、口の中の浄化と細菌の増殖を妨げることです。しかし、それだけではないとされています。再び歯を石灰化するには唾液をどうしても使うため、どれだけ分泌されるかは見逃せない事です。

インフォームド・コンセントの取り組みは、今の患者の病状を間違いなく知ることで、それを改善する治療の方法に、主体的に取り組みましょうという思いに準拠するものです。

審美歯科にあっては、表面的な美しさだけではなしに、歯列や噛み合わせの矯正を行い、そうする事で歯牙本来の機能美を手に入れるということを探っていく治療の手法です。


歯列矯正の治療を行えば姿容の引け目から、心を痛めている人も笑顔と誇りを手にすることが叶うので、肉体と精神の豊かな気持ちを獲得できます。

永久歯と違って乳歯は、歯のエナメル質や象牙質等の厚みが半分くらいしかないのです。なおさら再石灰化の機能も足りないため、虫歯の細菌に容易に溶かされてしまうとの事です。

まず口腔内に矯正装置をはめこみ、一定の力を歯にずっと与える事で人工的に移動し、問題を抱えた歯並びや噛みあわせ等を修正する手段が歯列矯正といわれる施術です。

甘いお菓子を大量に食べたり、歯磨きを続けないと、歯周病の原因となる菌がはびこり、プラークが繁殖してしまい、その挙句歯肉炎を発生させてしまうとされています。

一般的にインプラントとは、歯肉の内部にある顎の骨に、チタンでできた人工歯根をはめ込んで、それを基礎として予め作られた歯をしっかり取り付ける技術を言います。

 

 

トップへ戻る